• 【本社】〒426-0003
    静岡県藤枝市下当間645番地事業所マップへ
    tel.054-643-1411/fax.054-643-1486
    e-mail. honsya@matsuba-soko.co.jp
  • 【主な営業内容】
    倉庫業、検査・梱包・発送業務
    一般区域貨物運送業
    産業廃棄物収集運搬(静岡県・静岡市・浜松市・福井県)
  • 電子部品/紙パルプ/家具/食品/成型材料/金属製品/ゴム製品など
    及び各種構内請負作業

お問い合わせフォーム

物流効率化への取組み

はじめに

 未曽有の被害をもたらした2011年の大震災。
 その直後に起こったサプライチェーン寸断による生産STOP,店舗から商品が無くなる・・・等々。これらの例を出すまでもなく物流は現代社会において、なくてはならない根幹事業であると考えられます。
 一方、インターネット上のサイトを気軽に利用し、物品を購入する消費者においては、クリックすれば商品が勝手に飛んでくるような感覚=物流コストという概念すらない、というのが現状ではないでしょうか。
 当然、メーカー(荷主様)にとってのサバイバル手段として、物流コスト削減がより大きなテーマになっていると考えられます。
 松葉倉庫・松葉倉庫運輸は、単純な価格競争に陥ることなく、物流センターと配送の総合的なサービスに人間の発想を加えることによって、荷主様にとって真の物流効率化=コストダウンを図って参ります。


1. 提案型営業を推進しています

荷主様サイドの本当のニーズを物流現場から見極め、物流効率化の提案を続けています。

<今までの主な提案実績>
・T社新工場建設に伴うトータルな物流イメージ提案
・同方面積み合わせ配送によるコスト削減提案
  (T社及び同社有力代理店)
・複数ポイントから出荷される貨物の集約によるコスト削減
・出荷情報の前倒し提供によるチャーター便の活用提案
・梱包副資材のリユース推進によるコスト削減提案


2. 現場対応力を重視しています

前頁の提案を実現するため、物流現場の対応力を日々高めて います。
・T社工場へのカンバンJIT供給
  オーダーを時間通り正確に処理するため、PC在庫管理シ
  ステムをカスタマイズ導入。デートコード等による先入れ・
  先出し、サイクルカウンティングによる在庫精度も高い評価
  を頂いています。
・作業手順書の作成、遵守を徹底しています
・ヒューマンエラーの撲滅に全社で取り組んでいます
  指差し呼称、ダブルチェックの徹底、ヒヤリハット事例活用
・全国協力会社ネットワークによる幅広いサービスを実現


3. 安全・安心への取組み

・国土交通省報告義務重大事故は、創業以来ありません
・運輸Gマーク(安全性優良事業所)認証取得
・継続した安全教育の取り組み
  安全会議を毎月開催、デジタコによる安全運転ランキング
  DVDによるドライバー研修、無事故表彰制度など
・コンプライアンスの徹底
  24時間対面点呼による出発・到着時飲酒検知、デジタコに
  よる拘束時間ほかの労務管理
・専門業者による倉庫セキュリティ完備
  倉庫屋根及び床に断熱材を使用(焼津物流センター)
・当社所有全リフトの定期点検及び日常点検の実施


4. 環境経営を実践

・グリーン経営認証取得(松葉倉庫運輸 2004年~)
  全車両の燃費管理
  排ガス規制条例(東京都、大阪府ほか)を全車両クリア
・T社使用梱包副資材のオールリユース推進
  本社設備を2010年大幅拡張
・太陽光発電の活用(焼津物流センター)

2011年12月